ぐっすり眠る方法を徹底解説!

MENU

妊娠中は睡眠が取りにくくなる

あまり知られていることではありませんが、妊娠中の身体の変化として、眠りにくくなるというものがあります。普段から快眠で知られている人が、ひどく睡眠をとりにくくなるのです。ひとつには、シンプルに身体の変化が理由として挙げられますが、そうでなくても、腰痛、ツワリ、痔、息苦しさや空腹感など、妊娠中のさまざまな変化があり、これが睡眠の質に影響するとも言われます。また、妊娠中は幸せを感じる日々ではあるものの、将来の生活や、子供の健康、収入や義理の親との付き合いなど、頭の痛くなることもあって、精神的な疲れから睡眠の質が低下することもあります。家に閉じこもりがちになるのもよくありません。疲れにくくなりますし、ストレスも溜まるからです。妊娠中は安定期に入れば、よく歩くような運動が体によいとされています。睡眠の質をアップさせるためにも、毎日こまめに歩いて適度に疲れを感じるようにしたいものです。なお、妊娠すると眠りにくくなるといっても、眠れないから妊娠したということではありません。そこまで強烈な因果関係があるわけではないので、妊娠検査薬を使う、病院に通うなど、適切な診断方法で判断をするようにしたいものです。

起床時間の逆算で睡眠をよく取る

人間はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返して眠っている、ということをよく聞きませんか?このうち、深い眠りというのがノンレム睡眠、脳が覚醒しかかっているのがレム睡眠です。一般的に、夢を見るのもレム睡眠の時間帯だと言われています。朝、しっかりと目が覚め、よく寝たと実感するためには、やはりレム睡眠の時間帯に目が覚めるようにするとよいとされています。多くの人は、およそ90分サイクルでレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているそうです。逆算していくと、6時間、ないし7時間半で目が覚めるようにすると、朝はバシッと起きられることになります。4時間半、というのは単純に睡眠時間として短すぎるのでやめておきましょう。ただ、90分サイクルというのは誰もがそうというようなものではなく、環境や体調によって個人差が出てくるものです。レム睡眠だと思って目覚まし時計をかけてみても、やたらと眠い時もあります。レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルは、寝ている間の動きなどを測定すればわかると言われており、それを見極めるためのスマホアプリなども出回っています。こうしたもので計測し、その上で睡眠時間を算出するのもよい睡眠の取り方のひとつです。ただし金銭トラブルなどのストレスによっても睡眠は左右されますので注意が必要で、例えば、リボ払いが原因で借金まみれになってしまった人が眠れなくなってしまうというのもそれに該当します。あくまでも例ですが、リボ払いの金利や利息手数料の仕組みは難しく、気軽に利用してしまったがために、リボ払いの危険に気が付かず借金になってしまう問い人もかなり多いので一応気を付けてください。